周辺観光 

もものはな3

ログ・ペンション秋岡屋の周辺観光についてご案内致します。なおより詳細な情報については、若狭高浜観光協会のウェブサイトをご覧下さい。
若狭たかはま観光情報

▼大自然を満喫する

春夏秋冬、自然のエネルギーに包まれて、心もカラダもリフレッシュしていく。蒼い海とのハーモニーを奏でながら、春夏秋冬それぞれに美しい色を装う高浜の山々。その緑の息吹から生まれる『壮大』なエネルギーはいつでも人を元気づけてくれる自然からの贈り物です。キャンプやスポーツを楽しむも良し、山登りや散策を楽しむも良し。どうぞ、大自然に包まれる気持ちよさを体感してください。

青葉山
毎年、多くの登山家が訪れる標高693メートルの「若狭富士」とも呼ばれる秀峰。登山道が整備された山頂からは、丹後・敦賀半島・越前岬の絶景が楽しめます。夏には、この山でしか見る事ができない「オオキンレイカ」が咲きます。
青葉山登山について

青葉山ハーバルビレッジ

音海大断崖
福井県の「名勝」に指定されている、高さ260メートルの絶壁大断崖。夏なら音海漁港から出航する船に乗って、海側から観賞する事もできます。

明鏡洞
「八穴(やな)の奇勝」と呼ばれる8つの自然洞穴の一つ。洞穴の彼方から見える水平線が鏡のように見えることから名づけられました。夜になると『漁り火』が並び、より幻想的な景色が見られます。

城山公園(芝生広場)
憩いの場として親しまれる芝生広場。

◎城山海岸遊歩道
城山海水浴場の近くにある、高浜城跡の公園。海岸沿いの遊歩道は、奇岩・奇勝を見ながら約1時間で灯台を一周りできるハイキングコースとなっています。

五色山公園
4000本の桜、つつじ、レンギョウ、ボタンなどが鮮やかな「花の森」や「ゼミハウス」「工芸工房」なども充実。自然光を取り入れた『匠の美術館』は、色々な美術品を展示しています。

▼歴史を堪能する

高浜は、古より大陸文化の影響を強く受けてきました。それが寺院や神社、伝統文化など、この地に歴史遺産が数多く遺り、語り継がれてきた理由かも知れません。時を超え、今尚新たな感動を見る人に与えてくれる沢山の文化遺産や伝統的な行事。あちらこちらの歴史探訪も高浜の魅力の一つです。

中山寺
国の重要文化財である『中山寺』は当ペンションの目の前、青葉山の中腹にあります。本堂は桧皮葺の簡素な建物で、736年に聖武天皇の勅願により、泰澄大師が創建したと伝えられます。本尊の馬頭観音坐像は国の重要文化財で、33年に一度しか開帳されない秘仏です。

佐伎治神社(さきちじんじゃ)
延喜式神名帳に名が記されている古社。素戔鳴尊・稲田姫命・大己貴命を祭り、創建は1800年以上も昔。天正年間に領主・逸見昌経が遷宮したと伝えられます。

▼海を満喫する

海という大自然の息吹を深呼吸。そして時はゆったりと流れていく。仕事とか、勉強とか、家事とか、日常の慌しさを少し忘れて、海を楽しみにいらっしゃいませんか? 高浜には、みんなにやさしい心の休日がいっぱいあります。どこまでも蒼い海。白砂の広い浜辺。海水浴はもちろん、マリンスポーツ・フィッシング・サーフィン…遊び方は自由自在。高浜の海はいつでもあなたを待っています。

若狭和田海水浴場
『日本の水泳場88選』に認定されています。
若狭の海水浴場のメッカ。遠浅で広い砂浜とどこまでも続く蒼い海が美しく、若者や家族連れでにぎわいます。

はまなすパーク
雄大な青葉山を望む広い砂浜。遊歩道には、2500本の松とハマナス(5月頃が見ごろ)が植えられ、散策に最適です。
◎鳥居浜海水浴場
城山と白浜の間にあるビーチです。青く澄んだ海辺で過ごす一日は最高!!

難波江海水浴場
高浜町の西、内浦半島の入口にあるビーチ。浜まで車の乗り入れができ、他のビーチと一味違う楽しみ方ができます。

白浜海水浴場
名前の通り、白く美しい砂浜が自慢。青の松原に沿って、若狭和田の西側にあります。

◎スキューバーダイビング
高浜の海は、一年中オンシーズン。夏以外の季節もサーフィンやスキューバーダイビングなどマリンスポーツが楽しめます。

◎花火大会(東部海岸)
毎年8月1日に行われる、若狭地方最大の花火大会。打ち上げ花火をはじめ、スターマイン、尺玉、水中花火、ナイアガラなど様々な花火が打ち上げられ、夏の高浜の夜空を彩ります。

 ── ・ ── ・ ── ・ ──

インテリア4

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。